下取り以上の買取で実質値引きMAX!

グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

カンタン約3分のオンライン車査定

2013年05月09日

日産 ノート モデルチェンジ

コンパクトなボディながら、上級モデルのティアナを上回る居住性をもつ新型日産ノートに!!

日産ノート モデルチェンジ.jpg

 主力コンパクトカーの日産ノートをフルモデルチェンジし発売を開始。
すでに、嵐の二宮和也がCMに出演しエコスーパーチャージャーをアピールしている。



 日産は新型ノートを、燃費・居住性・走りという総合バランスを強化してフルモデルチェンジ!
そのため、5ドアハッチバックとしてカニバリが発生するティーダは、近い将来その役割を終えるという。

 そんな新型日産ノートのボディサイズと言うと、、、
 全長4,100×全幅1,695×全高1,525(mm)

多くのコンパクトカーが、全長4,000mm弱なのに対して、新型ノートは約100mm長い。
さらに、現行ノートと比べると80mm大きいのだ。。
ティーダと比較すると150mm小さい。
つまりサイズ的には、ちょうどティーダと現行ノートとの間ともいえるサイズですね。

 しかしながら、居住性は現行ノートを大きく上回り、ティーダとほぼ同等となった。
有効室内長は、1,837mmとなりノートより、なんと+145mmと拡大。ティーダと比べても+1mmという広大な室内スペースを確保した。そのため、後席ニールームも現行ノート比で+85mm、ティーダ比で-7mmという643mmを確保。この数値は、全長4,850mmもある日産ティアナと比較しても11mm広い。クラストップレベルの広さであると同時に、ファーストカーとしても十分に使える余裕ある空間が魅力だ。このスペースを確保するVプラットフォームは、2,800mmと長いホイールベースを持つ。ライバルフィットよりも、100mm、ラクティスよりも5mm長い。
イチオシは、1.2L直噴ミラーサイクル+エコスーパーチャージャー搭載車。1.2Lでも、1.5L並のトルクを発揮!
 そして、注目は1.2L直噴ミラーサイクル+エコスーパーチャージャー、HR12DDRエンジンだ。このエンジンを搭載するS DIG-Sグレードは、JC08モード値でマツダ デミオの25.0km/Lを上回り25.2km/Lというクラストップの低燃費を誇る。ただし、このS DIG-Sは燃費特化グレードで、その上の上級モデルで量販グレードでもあるX DIG-Sは24.0km/Lとなっている。若干燃費は落ちるものの、HR12DDRエンジン搭載車は、すべてエコカー減税が免税となり、顧客へのメリットはシッカリと提示できている。出力は72kw、トルクは142Nmだ。ミッションは、副変速機付きCVTが搭載される。

 このHR12DDRエンジンは、VWのTSIと同様にダウンサイジング+過給器という組み合わせだが、考え方がまったく違う。VWは、とにかく低回転で最大トルクを出し、低回転のままなるべく早く高いギヤを選択し低燃費化する。それに対して、HR12DDRエンジンは、ダウンサイジング化されたエンジンをミラーサイクル化。まずは、これで低燃費化する。ミラーサイクル化されたエンジンは、低速トルクが不足する。それを補うために、瞬時に過給できるエコスーパーチャージャーを装着する。

 つまり、一般走行時には、低速トルクが少なめのミラーサイクルエンジンで必要十分という認識で、低燃費化に特化する。急な加速が必要な時や、パワーが必要な時にエンジンの回転数に合わせて電動クラッチでスーパーチャージャーのオン&オフの制御を行う。エコスーパーチャージャーがオンの時には、1.5L並のトルクを発揮する。若干、サイズが大きいがVWゴルフは、同じ1.2L+過給器の組み合わせで、19.0km/Lと燃費では劣るが、175Nmというトルクと価格は、新型ノートを大きく上回る。

日産ノートの値引き交渉はこうだ! ⇒ 日産 ノート 値引き交渉

 価格指向やパワーが必要ないという顧客向けには、自然吸気のHR12DEを用意。58kw&106Nmという標準的スペックだ。燃費は22.6km/Lで、エコカー減税75%減税に対応。他のコンパクトカーが、ほとんど50%減税なので、こちらもシッカリと顧客へのメリットを提示できている。

 未だ、アイドリングストップ機能を標準装備できない他メーカーに比べ、新型ノートのFF車はすべてアイドリングストップ機能を標準装備。標準装備することでコストを低減。さらに、顧客へエコカー減税の恩恵を最大限受けられる配慮がなされている。アイドリングストップ機能をオプション設定している他メーカー車種の中でも、アイドリングストップ機能を装着すると75%減税になるというクルマはたくさん存在するが、顧客がよりエコカー減税のメリットを受けようとすると「オプションなので、お金をよりたくさん支払ってください」という姿勢とは違い新型ノートは顧客目線の装備設定だ。
価格、燃費に死角なしだが、安全装備の後席中央のヘッドレストが見装着。それ以外では、最もオススメのコンパクトカー!
 ただし、他の装備に関しては納得出来ないものもある。そのひとつが、後席中央のヘッドレストが装備されていない。ヘッドレストは、衝突事故時などで首にかかる負担を軽減させる重要な安全装備だ。後席中央の3点式シートベルトは、法制化されたので装備しているが、法制化されていないヘッドレストが無い。燃費での顧客へのメリットをシッカリと提示したのと同様に安全装備もよりシッカリしたものを提示して欲しい。

 価格は、ライバルをかなり意識した。直噴ミラーサイクル+エコスーパーチャージャーという高コストなエンジンを搭載しながらも、戦略的な価格設定がされた。売れ筋となるX DIG-Sが1,499,400円。大人気のコンパクトカー、ホンダ フィット ハイブリッド スマートセレクション(168万円)の燃費26.4km/Lに迫る24.0km/L。価格差は約18万円。装備差を無視すれば、燃費で燃料費差を埋めるのは、難しい差となっている。トヨタのラクティスの1.5LエントリーモデルであるXが155万円。ラクティスは、アイドリングストップ機能を約5.5万円ほど出さないと買えないので、実質約160万円。それでも75%減税で、新型ノートは免税なので大きな差が出る。

 また、1.3Lのフィット スマートセレクション132万円(燃費21km/L)と比べても燃費で上回るが、価格は約18万円ほど高価だ。しかし、エコカー減税免税メリットが大きく、50%減税のフィットとの価格差を大きく縮める。また、いざとなったら1.5L並の走りも魅力だ。

 価格指向ということならば、100cc排気量が少なくなるが、自然吸気の1.2LのXグレードが1,298,850円。微妙にフィットより下回る上に、エコカー減税が75%なので、税金分が数万円がお得となる。他にもSグレードが存在するが、Sは1,249,500円と安いが、限りなく価格を安く見せるオトリ車種的要素が強いので、一般の顧客が買うならXということになる。

 ボディサイズ的にも、コンパクトカークラスにおいて、大きめとなる新型日産ノート。単純に価格という選択というよりも、広さと走り、燃費と総合バランスに優れたコンパクトカーなので、選ぶならやはり直噴ミラーサイクル+エコスーパーチャージャーを搭載したグレードを選びたい。クラスナンバー1低燃費と同時に、エコカー減税が適用されている今なら、免税なのでライバルと比べて減税のメリットも大きい。後席中央のヘッドレストさえ標準装備されれば、今、最もイチオシのコンパクトカーとなるだろう。
(Livedoor Newsよりhttp://news.livedoor.com/article/detail/6278223/

<新型日産ノート価格>
■2WD HR12DE車
・S 1,249,500円
・X 1,298,850円
■2WD HR12DDR車
・S DIG-S 1,449,000円
・X DIG-S 1,499,400円
・MEDALIST 1,674,750円
■4WD HR12DE車
・X FOUR 1,557,150円

日産ノートの値引き交渉はこうだ! ⇒ 日産 ノート 値引き交渉

下取り価格を知っていれば
交渉は有利に!!









こちらから♪
カンタン約3分のオンライン車査定



posted by ななみに at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 ノート モデルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

日産 ノート 評判

日産 ノート 評判 ネットで見てみると!



ランキングでも上位ですね。





下取り価格を知っていれば
交渉は有利に!!









こちらから♪
カンタン約3分のオンライン車査定
posted by ななみに at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 ノート 評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

日産 ノート ライダー 値引き交渉

日産 ノート ライダー 値引き交渉について、 値引きの神様 松本隆一がこう言っている!

車両本体値引きは7〜8万円でストップとなることが多い。
これに付属品5万2500円のプレゼントが付いて合計12〜13万円引きで決めているケースが目立つ。
今月の「私もX氏」では値引きの合計が22.3万円の例を紹介。アクアやフィットとの競合を。
(情報提供元:『 月刊自家用車 12月号 』(内外出版社))

搭載エンジンは1.2L 直列3気筒DOHCの「HR12DE」エンジン搭載車「S」、「X」、「X FOUR」に加え、新開発の直噴ミラーサイクルエンジンに高効率スーパーチャージャー付き1.2L 直列3気筒DOHC直噴の「HR12DDR」エンジン搭載車「S DIG-S」、「X DIG-S」、「メダリスト(MEDALIST)」の計6グレード構成となる。トランスミッションは副変速機付きCVTで、JC08モード燃費は「S DIG-S」で最高値の25.2km/Lをマーク。「X DIG-S」、「メダリスト(MEDALIST)」は24.0km/L、「X FOUR」は18.2km/Lとなる。なお、HR12DDRエンジン搭載車は、エコカー減税により自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

ここも値引きではないが安くするポイントですね。

平均値引き(装備付属品込)
14.1万円値引き率 11.28%車両本体価格:1,249,500〜1,674,750円 (Goonet参照)

ここはぜひとも、今乗っている車の下取りの価格を最高上限まで引き上げて、
MAX値引き価格で購入したいですね。

そのためには営業マンの下取り価格でしれっと調整されることのないよう、事前に準備することが必須!!

中古車買取りの相見積もりで競合させて、より高い下取り価格を引き出そう!

   まずネットで今乗っている車の査定をやってみる!


          ↓  ↓





こちら♪ ⇒ あなたの愛車を高く買取ります!!





^^v
posted by ななみに at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 ノート ライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seo great banner
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。